無農薬野菜

ミレー(無農薬・有機野菜)のご紹介

ブログの右側に貼っているバナーである
ミレーのお試しセット、
昨日、A8.netというASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)が
主催する「A8フェスティバル」というイベントに参加してきました。

昨年のA8フェスティバルにも参加し、その時にミレー
知りました。
野菜王国千葉県にある同社は無農薬で安全な野菜を
「食材宅配」と言う形で消費者へ届けています。

ミレー1

写真はミレーが初めてのお客さんに提供している
お試しセットです。新鮮な野菜にこだわりの卵、旬の野菜が
7〜10種類のセットがこの値段です。
利益は度外視なんでしょう。それよりも本当の”野菜の味”を
知って頂きたいのではないでしょうか?
ミレー3

わずか1,500円で試すことが出来ます!

ミレー2

残念ながら、またもや食の安全を脅かす不祥事が起きてしまいました。
汚染米と言うものがどうして流通しているのかも謎ですが、
三笠フーズの社長の供述にも驚きました。
「儲かればそれでいい」
こんな考えを持った大人ばかりだと「食育」というものは
子供達よりもむしろ大人たちにこそ必要ではないか、と
思ってしまいます。

本日見たニュースでは「子供達が『僕、毒を食べたの?」ショックを
受けている」とある保育園の園長が涙ながらに語っていました。
子供達の心のケアも急務だと。

ご存知のように日本の食料自給率は40%を切っています。
一説には政府の発表はまだ甘くて、実際には20%程度だとも
言われています。
そんな中での度重なる食の危機、本当に許せません。
一方では、本当に消費者に安全で美味しい、旬の野菜を届けたいと
思っている生産者・企業もあるのに、そういう企業が
ニュースで取り上げられいないのが残念で仕方ありません。


だったら私が紹介してやる(笑)

でも、私がいくらこのブログでミレーについて語ったとしても
信用力にかけてしまいます。

ミレーの野菜を実際に食べた方が身体と心で
感じる事が出来るのではないでしょか?

以下はミレーからのメッセージです。

=============== 新 鮮 野 菜 を 産 地 直 送 ♪ ===============

無農薬野菜のミレーでは旬の有機野菜や無農薬野菜を中心に
宅配いたします。

●入会金・年会費は一切無料!
●2400円相当の無農薬野菜が1500円『お試しセット』(初回限定)

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C1PNH+46MU8A+12N4+614CZ
=============================================================




マクロビオティック

マクロビオティックカフェが増えています。

北京五輪の閉幕と共に秋がグッと近づいたような
気温が続きましたが、ここ数日は残暑が戻ってきたようで
蒸す日が続いています。


マクロビオティックとは旬の食材を使用し、
肉や魚などの動物性食品や砂糖などを極力摂取しない
食事法を言います。

マクロビオティックは日本人が考案したものですが
その火付け役はアメリカのセレブ達です。
以前にもブログで紹介しましたが歌手のマドンナは
マクロビオティック生活を送っているようです。

マクロビオティックはアメリカのセレブ達が自分の
生活の質を高めるために取り入れているのでしょう。

どんどん話題になってきているこのマクロビオティックですが、
食材などを選ぶ必要があるために、一部の人しか生活に
取り入れることが難しいものでした。
経済的な部分もありますが、生活自体が外食に頼っている人は
家で料理をしないわけですからね。

けれど、最近ではテレビや雑誌でも度々カフェやレストランなどが
紹介されるようになってきました。
マクロビオティックをコンセプトにしたお店が
増えてきているようです。

カフェと言えば流行に敏感な女性がよく行きます。
コーヒーを飲みながら、あるいはスイーツを食べながら
友達との会話を楽しむ空間がカフェのような気がします。

そんなカフェでダイエットや健康・美容などにも効果が
期待できるマクロビオティックを取り入れれば、
人気が出るのも頷けますね。

外食はどうしても脂肪を多く摂取しがちです。
ところがマクロビオティックにはその心配がありません。
むしろ旬の野菜を提供してくれるので嬉しいですよね!

そしてマクロビオティックが認知されるほど
様々な特色を出したカフェやレストランが増えてくるでしょう。

スイーツに力を入れたり、素材にこだわったり、
ペットと飼い主が楽しめるマクロビオティック”ドッグカフェ”
なんて独自性を出すお店もあるようです。


マクロビオティックを取り入れたカフェは首都圏などの
都市部を中心に全国に広まってきています。

マクロビオティック

マクロビオティックをはじめてみませんか?

マクロビオティックと言う言葉を本当によく
聞くようになりました。

有名人の中でもマクロビオティック的な生活を
する人も増えているいるようですね。

マクロビオティックとは、健康と長寿のための理論や技術のことを
言います。
ロハスと同じで抽象的なイメージがあるマクロビオティックは、
広い意味では、健康的な生活をするための方法とされ、そのすべてに
関することをマクロビオティックなんですが、世間では食事法のみが
注目されているのが現状ではないでしょうか?

マクロビオティックの食事法とは、自然界の生物は、それ自体が
完全なものであるという考えから、栄養の偏りの無いバランスがよい
食生活のためには、食べ物を丸ごと、全て摂取する事が良いとされています。


また、地産地消(ちさんちしょう)の考えから地域で取れた食材を、
地域で旬のうちに消費するのが良いとされます。
食料自給率が40%を切り安全かどうか疑わしい輸入品に頼っている
日本ですが(東京の食料自給率はわずか1%)、出来るだけ、
食品の移動は少ない方が良いに決まっていますよね。

またマクロビオティックでは動物性食品である肉や卵、乳製品や
油の使用は極力制限されています。

何だか、「そんな食生活は無理だよ」なんて声が聞こえて
来そうですが、昔の日本の食事と通じているんですよ。
元来は農耕民族である日本人、自ら畑を耕し、
そこで収穫された旬の食べ物を食べて生活してきたんですから。


時代の流れには逆らえず、現在では食生活までが欧米化されています。
魚よりも肉などを多くとるようになり、元々肉などの消化に適して
いない日本人の身体は、その生活に耐えられないことが増え、
生活習慣病と呼ばれる病気が蔓延する結果となってしまいました。

でも、不思議なものですよね。そんな現在だからこそ、
改めて健康を意識して生活習慣を見直し、昔ながらの日本の
食生活に近い生活を送ろうという考えを持つ人が増えているんですから。

残念ながら食生活を完全に昔のように戻ることは無理です。
そこで、有効な考えになっているのがマクロビオティックのようです。


東洋医学の考えに基づき、考案されたマクロビオティックは、
現代人の嗜好や生活習慣に合わせています。

いきなり生活習慣を変えるのは難しいかもしれませんが、
マクロビオティックとはどんなものかを知り、自分で
取り入れられそうな事から始めてみてはいかがでしょうか?


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。